TOP > 稚エビの生存率について
 ← 移動 | TOP | 間引き

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 稚エビの生存率について 

2008年04月08日 ()
三月に孵化したわが家の稚エビたち。


一番多い時で13匹確認できましたが、


今日現在、確認できたのは・・・








1匹!!




・・・ショックや〜。



そこで色んなサイトを巡って、稚エビの生存率について勉強してみました。


多かった意見を上げてみると、


?エアレーションを強化する。

?適度な水流をつくり、水が淀む所をなくす。

?ソイルを常にきれいに保つ。

?抱卵固体を隔離して孵化させる。→稚エビだけで育てる。

?「シュリンプバクター」を添加する。←この意見多かった。




とりあえず出来ることからやってみる。


まず、外掛けフィルターの流量を最大に。


今のシステムではこれ以上の水流は無理なので、エアレーションで補う方向で行きます。

エアポンプも準備しないと。


あとソイルの掃除なんですが、プロホースとかで吸い出す感じで掃除しても大丈夫なのかな?

いい掃除の方法あったらアドバイスお願いします!


?の抱卵ママの隔離については、うちの小さい水槽では隔離のしようがないので、新しい水槽が必要かな。


30センチキューブぐらいの水量は欲しい!


第二エビ水槽計画、始動です!


?の「シュリンプバクター」はチャームさんでとり扱いがあるので、器具と一緒にポチればいいか!


さて、どんな水槽にしようか・・・


ヨメ対策も忘れずに!(笑)


[2008.04.08(Tue) 02:47] レッドビーTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 移動 | TOP | 間引き

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://beeambitious4.blog.fc2.com/tb.php/39-ffd32659
 ← 移動 | TOP | 間引き

FC2カウンター

閲覧者数

検索フォーム

SHOP LINK

twitter

天気予報

OTHER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。